同意書(douisyo)書き方 書式 親権者 未成年者 アルバイト 雛形
同意書の書き方

→ 同意書の書き方の前に【契約書の読み方・作り方】

■同意書の書き方と親権者と未成年について
同意書の書き方で、親権者が書く必要がある場面が多々でてくると思う。
未成年者は一人では法律行為はできず、親権者(または法定後見人)の同意が必要となってくるからだ。
自然、同意書の書き方も親権者の方たちは、未成年者の為に覚えなくてはならない場面がでてくるだろう。
この一般的な同意書の書き方を今から下記で説明したいと思う。

スポンサードリンク


■同意書の書き方
同意書の書き方について書きたいと思う。
同意書の書き方によっては効力をもちづらいこともあるので、押さえるところはきっちり押さえたい。
この同意書というのは、つまるところ証拠の書面である。
民事訴訟法に書面の証拠力(同意書の書き方や念書、契約書等)についても規定されている。
また民法にはその内容となるべき規定がされている。
同意書の書き方はこれらの実体法や手続法をよく勘案した上で書かなければならない。
これら法律を忘れた同意書の書き方をすると、いざ法廷で争う場面となったときに、証拠力が低くなる可能性もあるのだ。

同意書の書き方で、一番大切なのは署名押印。
同意書の書き方でやはり忘れてはいけないのは署名押印であり、これがないと証拠力はかなり弱くなる。
これは民事訴訟法に、同意書の書き方に限らず書面は署名押印されることによって真正に作成されたものだと推定されるのだ。
同意書の書き方で次に大切なのは、日付だ。
この日付がないものも、証拠力はとても弱くなるので、契約した日にちは絶対に書き込んでほしい。
また、同意書の書き方で、タイトルの部分だが、ここは実はなんでも構わない。
同意書でも、確約書でも、念書でも。
同意書の書き方で大事なのはその中身であり、タイトルはさほど大事ではない。
もちろん誤解を与えないようなタイトルがいいだろう。
同意書の中身の書き方だが、これは誰がいつどこで何をどうやってどうしたか。
つまり、5W1Hが同意書の書き方ではとても大事となる。
その上で法律を加味して同意書の書き方を学んでいくことが必要となってくる。

スポンサードリンク



同意書の書き方の具体例を挙げると

同意書 サンプル

私は下記の内容に同意し、それを証するため署名押印します。

同意内容

平成○○年○○月○○日
氏名   押印

といった形になる。
このように同意書の書き方は、一方が差し入れる形となるものが多いだろう。

スポンサードリンク





順位は?
目次へ